silky people

インタビュー 読み物

【桐生】PRIRET上久保 匡人さん 第4回 濃い人が集まる桐生にいることが、今は誇らしい。

「自然体で無理をせず、それでいて楽しい。」
こんな人って一緒にいてラクじゃないですか?

今回お話しを聞いたPRIRET(プライレット)の上久保さんは
まさしくこのイメージにぴったり。

群馬の桐生、吾妻山の麓にあるアズマベースで
登山客向けのアウトドアショップを営業している上久保 匡人さん。

お店には、登山客が思わず手に取りたくなるようなアイテムがずらり。

その中でもシルクと風通織という技術を組み合わせた
アウトドア用の「山ストール」はPRIRETを代表する商品だそう。

紫外線をカットし、汗の乾きも良く、匂いも吸収し、軽くて丈夫。
アウトドア雑誌にも取り上げられ、売上の主軸をになうアイテムです。

ただ、この商品ができるまでのストーリーが、
本当に上久保さんらしい方法で行われていたんです。

常に「楽しく」「無理なく」「面白い方向へ」。

このインタビューは商品を作る話というよりも、
「運が良い人の作り方」でもあります。

「PRIRET(プライレット)」上久保 匡人さんのプロフィール

1978年9月11日生まれ群馬県桐生市出身 。

中学時代にキャンプを体験し、アウトドアの虜になる。

大学卒業後はカナダへ渡り山遊びに明け暮れる。
帰国後も地元群馬の山を中心に『There is no off-season !!』を合い言葉にアウトドアを満喫中。

現在は群馬桐生の吾妻山の麓で、登山客や地元の山好きのお客様向けに、
コーヒーも飲めるアウトドアショップ「アズマベース」や、

アウトドア専用の山ストールを中心としたブランド「PRIRET」を展開中。

→PRIRET

「フクル木島さん」のプロフィール

Silky Peopleの発起人であり、ブランドマネージャー。

アパレル担当で、実はこの記事の写真も主に木島さんが撮影されています。

群馬県桐生市出身JYUNYA WATANABEチーフパタンナーに就任後、
イオントップバリュ㈱で衣料商品企画開発部のチーフクリエイティブデザイナーに就任。
2011年に個人事業主として起業。2014年、株式会社Huggyhuggy(ハギーハギー)設立。
2015年、株式会社フクルを設立。

→フクルについて詳しく知りたい方はこちら。

吾妻山の麓は楽しいよ。

吾妻山の麓はたのしいですよ。

インタビュアー酒井(以下さ):
実は先だって、すぐそこにある「あめつち舎」さんにもお伺いしていたんですが、
この桐生の宮本町ってエリアは、少し変わった人が集まりやすい土地だということをお伺いしたんですが...。

プライレット上久保さん(以下か):
そうかもしれませんね笑
なんかね、凄いですよね。

というより、桐生市全体がそういう雰囲気ありますね。

まぁ、とはいえ、自分はそういうことを言われることが
なんだか、逆に誇らしい気持ちがありますけどね。
むしろ桐生であることが。

「おれ、桐生だよ、どう?」みたいな感じ笑

フクル木島(以下き):
私も桐生ですが、確かに宮本町はさらに濃い気がしますね。

さ:
山の麓に面白い人が集まりやすいんですかねぇ。
というか、お外にある銀色の宇宙船...あれってどうしたんですか?

山の麓におかれているギラギラの物体。Airstream

か:
あれ「エアストリーム」ってキャンピングカーなんですよ。
昔から憧れがあって、買っちゃいました。

はるばる船便でアメリカから来たんですよ。

正直この場所に持ってくるだけでも結構大変で、中に入れるのも牽引業舎さんにやってもらいました。
なので、もう自分では動かせません笑

これからは、このエアストリームを改造して、新しい店舗にしようと思っているんですよね。
吾妻山に登ってくる人の憩いの場所にしようと思っているんです。

それも含め、
アズマベースっていろんなことに使ってもらえる場所にしてほしいんですよ。

き:
この間、店舗の前のスペースでヨガ教室もやってましたもんね。
写真で拝見したんですが、その写真を見た時にとてもしっくり来たんですよね。

山の麓で人が集まれる場所って、なかなか有りそうで無いし、
とっても楽しそうだなと思ったんですよね。

この投稿をInstagramで見る

PRIRET&AZM BASE(@priret)がシェアした投稿

さ:
なんだか、引っ越してきたくなっちゃいますね。
吾妻山の麓に笑

か:
それでしたら、本当にすぐきてください笑

この辺、住める場所いっぱいありますよ。
それこそ、新しい拠点として吾妻山どうですか?笑

この投稿をInstagramで見る

PRIRET&AZM BASE(@priret)がシェアした投稿

アズマベースについてはコチラ

(おわります。)

  • この記事を書いた人

酒井 公太

silkypeopleのウェブ担当であり、プランナー。 フリーランスで町おこしや企業のプランニングをなりわいとしています。 天真爛漫な幼い娘の髪を撫でている瞬間が一番の幸せ。ただ、その娘に「おとうさんは、おとなげない。」と言われていろいろと複雑な気持ちになりました。

-インタビュー, 読み物
-,