silky people

mikko

洋服に関わる仕事をあれこれしたのち、子を授かり現在に至る。 生活環境の変化を機に、倦厭していた土いじりやお菓子作りが生活の潤いになっていることに本人も驚いている。

雨上がりの夕暮れ

2023/1/18  

カレンダーを眺めると、 二十四節気では「立春」七十二候では「魚氷に上がる」 暖かくなって湖の氷が割れ、氷の間から魚が飛び跳ねる頃。春先の氷を「薄氷/うすらい」と呼びます。 七十二候の名称は、気象の動き ...

思い立ったが吉日

2023/1/11  

2023年が始まって10日ほど過ぎました、皆様いかがお過ごしでしょうか。 また、新成人の皆様、おめでとうございます。 毎年この時期、晴れ着姿の新成人を眺めては、嬉々とした気持ちになります。 OKA-Y ...

いちねんの終わり。

2022/12/28  

年の瀬ですね。 冬至も過ぎました。 柚子風呂に入ったり、南瓜を食べたりしましたか? 我が家の南瓜は転がしておいたら、半分腐っていました・・・。 残念。そんな事もある。 さて、お歳暮だ。年賀状だ。 なー ...

味噌を作るか。気球に乗るか。どちらを選ぶか。

2022/12/21  

冬ですね。寒いですね。 散歩道の植物にも霜が降り、お天気の朝は霜がキラキラと光りとても綺麗です。 さて、地域によっては大雪に見舞われ大変なおもいをしている方々もいらっしゃると思います。 豪雪のニュース ...

蜘蛛の糸と柘榴

2022/12/6  

朝晩の冷え込みが12月らしく、そろそろ霜も降り始める頃です。 散歩コースの木々はすっかり葉をなくしました。 歩き始める時はもちろん寒いのですが、歩きはじめればポカポカです。 他の季節と比べ、冬は眺める ...

ジェットストリーム

2022/11/22  

あれよあれよという間。 色とりどりの葉が散り。 木々の隙間から空がよく見えるようになりました。 遠くの山々もうっすらと白くなってきたように思います。 二十四節気では小雪(しょうせつ)です。 さて、この ...

年賀状という文化

2022/11/9  

紅葉シーズン真っ只中。 つい先日まで黄色だと思っていた銀杏の木。   1週間でオレンジがかってきたようです。   この季節になると、年賀状の準備も始まっているのではないでしょうか。 ...

実りの秋と冬支度

2022/11/2  

秋も終盤。 庭のアメジストセージもピークを過ぎ、地面に落ちる花数が増えてきました。 ビロードのような花の感触を確かめながら、きれいな色だなぁとしみじみと感じています。     &n ...

秋の西陽がおしえてくれたこと

2022/10/26  

  晩秋の朝。湿った冷たい空気が目を覚ましてくれます。 近所の田畑の稲刈りもほぼ終わったようで、 10月に入ってからは朝、気球を見かけることも多くなってきました。 あれよあれよという間に、公 ...

香り立つ夕暮れ

2022/10/12  

二十四節気の寒露に入りました。 秋が来たかと思えば、冬のような寒さが来て、そしてまた戻る日差し。 なんとも複雑なややこしい季節ですね。 もう一度眺めに行こうと思っていた公園の金木犀 数日続いた雨で、見 ...