silky people

mikko

洋服に関わる仕事をあれこれしたのち、子を授かり現在に至る。 生活環境の変化を機に、倦厭していた土いじりやお菓子作りが生活の潤いになっていることに本人も驚いている。

りんごを見つめて考える。かさこじぞうとサンタクロース

2021/12/10  

日に日に寒さが増し、近隣の風景は色数が大分減りました。 空の色と稲を刈り取った後のベージュの田んぼが「冬ですよー!」と言っているようです。   クリスマスとかサンタクロースとか、無視できない ...

皇帝ダリヤと冬

2021/12/1  

今朝ついに霜げてしまいました 霜げる(しもげる)とは野菜や植物などが寒気や霜などで凍って傷むことをさします。 今朝ついに霜げてしまったのは皇帝ダリヤです。 コラムをお読みの方は皇帝ダリヤをご存じでしょ ...

こどものメガネから覗く季節の恵み

2022/7/4    

こどものメガネから覗いた世界は面白い 今更云うまでもないことですが この世に生を授かってまだ数年の子供にとって、 目に映るものはどれも新鮮で不思議に満ち溢れたもの。 彼らは好奇心のままに、見て、触って ...