silky people

コラム

天球義とちいさな秋

天球義とアルテミス計画

近頃は地球儀をくるくると大人が夢中になっています。

先日、地球儀をこどもへといただいたのですが、

最近の地球儀の機能にびっくり。天球義と月球義も併せ持つ優れもの地球儀でした。

とは言っても使うにはもらった本人は幼く、

ライト機能を使っておもちゃにしている状態です。

という訳で大人の方が使用頻度高めです。

星やら月やらをくるくるしている日々に、タイムリーなニュースがありました。

昨日、フロリダ州のケネディ宇宙センターで予定していた新型ロケット「SLS」の打ち上げ延期。

何のロケット?アルテミス計画を進める為の1つ目のロケットです。

アルテミス計画とはアメリカを中心にした8カ国による月面探索プロジェクトのことです。

「月に人類の活動の拠点を築くこと」が主な目的です。

そして、月の周りを周回する拠点「ゲートウェイ(Gateway)」を建設し、

月の観測機器の設置や基地建設、水を探す無人探査車などを送り込む計画です。

そして、月に多く存在する氷を電気分解することで、水素と酸素を作り動力源として「持続可能な活動」を目標にしています。

ちなみに、日本は居住棟を建設するほかゲートウェーへの物資輸送で協力する予定です。

ゲートウェイが完成後には、ゲートウェイを拠点に2030年代に火星を目指す計画だそうです。

月で生活できるように・・・?!そして火星・・・。

夢のように思っていた宇宙旅行が現実となった今、

アルテミス計画は現実味を感じます。

しかし、地球儀のように、いつか天球義にも国境の線が引かれてしまうかも。

と、ニュースを耳にしていました。

銀杏と柘榴

日を追うごとに、日常に秋が少しづつ顔を出してきました。

散歩にいくとよく感じます。

低くなってきた太陽の傾きや鳥や虫などの自然音。

繁茂した木々から覗く実。

気付くものや感じるものは日によって人によって様々です。

銀杏が徐々に大きくなってきました。

銀杏の葉が色付くのも楽しみです。

 

bsh

柘榴の実も少しづつ膨らみ始めました。

 

季節の移り変わりを感じ始めると、

心がざわざわとするような、しないような。

きっとそれは陽が短くなってきたせいかも知れません。

 

 

皆様の感じている小さい秋はどんなものですか?どんなことですか?

 

以上。今回もコラムを読んでいただきありがとうございます。

 

 

  • この記事を書いた人

mikko

洋服に関わる仕事をあれこれしたのち、子を授かり現在に至る。 TVがちょっと苦手、靴下はもっぱら5本指。セロリとヨーグルトが好き。 生まれてこのかた倦厭していたお菓子作りにお熱。タルト型購入検討中。

-コラム