silky people

コラム

夏の終わりに

お盆の終わりに手持ち花火をやりました。

花火は夏に終わりによく似合うなあと、ぷっくりした手を眺めていました。

 

さて、灼熱の日差しの下

狂い咲いていたサルスベリの花も

次第に花数が減ってきました。

 

近頃は暑さが少し和らぎ、時折秋の気配を感じられます。

暑すぎて、熱すぎて、夏なんて早く過ぎて欲しい。

と思っていたのに、いざ夏が終わるとなると、なんだか少し寂しくもなります。

Akibateはもう背後にいる

寂しいなどと言っている場合ではないです。

季節がゆっくり変わり始めているとなると、注意したいのが体調管理。

夏の猛暑や長期連休などで疲れが回復しないまま、朝晩の温度差が大きくなると、

体調を崩される方が増えます。そうです。”秋バテ”。

倦怠感や食欲不振や、症状は様々ですが、免疫力が低下して、得をする事は何もありません。

当たり前のことかも知れませんが、今一度、生活習慣を見直したい季節です。

 

①体を冷やしすぎないように。体を温める食材を。お酒はほどほどに。

(ショウガは温料理で食べると体を温める効果があります。)

②シャワーではなく、湯船に浸かって身体を芯から温めましょう。

(極楽~極楽~お風呂の合言葉はリラックス効果があるそうです。

是非、ごくらく~ごくらく~と言いながらお風呂に。)

③睡眠!!睡眠は休養の基本。しっかり時間を確保。スマフォやPCなどは寝る2H前には止めましょう。

(アロマをたいたり、お気に入りの香りを枕に。時には耳栓も。りらっくす~)

④もしできたら、適度な運動を。

(朝晩など涼しい時間帯を狙ったり、空を眺めながら散歩したり、

深くゆっくり深呼吸するだけでも。心も体もスッキリ。)

夏の疲れを残さず、気持ちの良い秋を迎えたいですね。

身体が整うと、心も整います。

心が整うと・・・・いいこといっぱいですよね。

ジェノベーゼの沈黙

正直あまり料理好きではないです。しなくていいと言われたらしません。(笑)

ですが、やったことのないものはやってみたくなる性格なようで、

先日、ペスト・アッラ・ジェノヴェーゼを作ってみました。

いわゆるジェノベーゼです。

dav

なぜかというと、トマトの害虫除けに植えたバジルがもりもりに伸びた為です。

サラダに使うのにも限界があり、捨てるのはもったいない。というわけで。

dav

初めて、松の実を購入しました。

が、あまりにバジルが大量だった為、途中で松の実が不足、

おつまみのカシューナッツでしのぎました。これは美味しくなる予感。

フードプロセッサーがまぜまぜしてくれるので手間なしです。

dav

まあそれなりに完成したのですが、もちろん子どもは口をつけず。

大人は食事中言葉少なめ。ジャガイモのポタージュを褒めてくれましたが、

ジェノベーゼについては・・・・。

美味しくないというのは失礼だからと、口を開かないのか。

不味いのに美味しいと、嘘をつくのが不誠実だからか。

この空気感分からないでもない。

作った本人でさえ、確かにひと味足りない気がする。

しかしそれが何なのかハッキリしない・・・。

何にせよ、もうこれは多分きっと次はないかな。

挑戦が実を結ばないことなんて沢山ある。

何事も経験です。

 

さて、学生はそろそろ夏休みが終わりますね。

宿題は順調ですか?

夏休みラストスパートお楽しみください。

 

今回も最後までコラムをお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

mikko

洋服に関わる仕事をあれこれしたのち、子を授かり現在に至る。 TVがちょっと苦手、靴下はもっぱら5本指。セロリとヨーグルトが好き。 生まれてこのかた倦厭していたお菓子作りにお熱。タルト型購入検討中。

-コラム