silky people

コラム

皇帝ダリヤと冬

今朝ついに霜げてしまいました

霜げる(しもげる)とは野菜や植物などが寒気や霜などで凍って傷むことをさします。

今朝ついに霜げてしまったのは皇帝ダリヤです。

コラムをお読みの方は皇帝ダリヤをご存じでしょうか

ダリヤの一種でキク科の植物です。

皇帝の名の如く、大きいものでは背丈が5~6mにもなります。

花そのものは薄いピンクと紫を混ぜたような色味です。

11月下旬頃になると、あちらこちらのお宅の塀を越えて

見事な花を見せてくれます。

その花が何かといいますと、

皇帝ダリヤの咲具合で季節を感じるからです。

どんなモノやコトに冬だな・・・と感じますか?

例えば、街中で、ブーツを履く人、ダウンコートを着る人が増えてくると、冬だなーと感じたり

イルミネーションが点灯し始めると冬だなーと感じたり

おでんや鍋物のコーナーが拡大しはじめると冬だなーと感じたり

人によって冬を感じる視点は違う所が面白いですよね。

北関東に住む筆者にとって、皇帝ダリヤが冬を感じるモノなのです。

先述した通り、皇帝ダリヤは大きいもので背丈が5~6mほどになります。台風が来たら・・・

折れます。

その為に育てている人は、支柱を立てて倒れないようにしたり、少しの手間をかけます。

花が咲く前の蕾の状態で霜が降りたら・・・

咲きません。

だからこそ、見事に咲いた年は

皇帝ダリヤを眺めると何とも言えない嬉しい気持ちになります。

「今年はよく咲けたねー。台風で折れなくてよかったねー。」

久々に孫と顔を合わせるおばあちゃんのような気持ちです。

そんな皇帝ダリヤも、霜が降りたらTHE END。

今年の場合は1週間程度、見事な開花を見られました。

出来ることなら花びらがきれいに散る所まで見たかったな。

と、も思いますが、それが季節の移り変わり。

霜が降り、いよいよ本格的な冬になります。

師走の12月、今年も残すところあと1カ月ですね。

冬こそ体力作り!と思い近くの低山に散歩に行きました。

紅葉のグラデーションが美しかったです。

最後に、コラムをお読みいただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

mikko

洋服に関わる仕事をあれこれしたのち、子を授かり現在に至る。 TVがちょっと苦手、靴下はもっぱら5本指。セロリとヨーグルトが好き。 生まれてこのかた倦厭していたお菓子作りにお熱。タルト型購入検討中。

-コラム